勉強効率を3倍にして、資格試験に最短合格する為の必須アイテム5選!!

今回は、資格試験の勉強に当たって、私が普段から使用しているアイテムについて紹介していこうと思います。

いずれも、勉強効率を大幅にアップさせてくれるアイテムなので、是非参考にしてみてください。

では、早速見ていきましょう!!

MindNode

MindNodeは、マインドマップの作成ツールです。

これまでにも、様々なマインドマップツールやアプリを使用してきましたが、MindNodeが最も使い勝手が良いです。

覚えるべきことを体系的に整理し、効率的に記憶するためのには、マインドマップは欠かせない勉強方法であり、FP1級や中小企業診断士に合格することができたのも、マインドマップのおかげと言っても過言ではありません。

ちなみに、スマホアプリバージョンもあるので、パソコンで作成したマインドマップを参照したり編集したりできるので、隙間時間での復習などに重宝しています。

macやiPhone限定であることと、有料ツールであることがデメリットではありますが、使用価値は十分にあると思います。

MindNodeのダウンロード(Mac App Store)はこちら!!

その他、マインドマップの解説記事は書いておりますので、よろしければご覧ください。

MacBook air

MacBook airは、ご存知のようにapple製のノートパソコンです。

私の場合には、講習会や勉強会などがあると、airを会場に持ち込んで、講義内容や覚えておくべき事項、そのときに思いついたことなどをMindNodeに整理しています。

マインドマップに整理するという作業だけでも思考の整理になりますし、同期しておけば、後からiPhoneやiPadで見返すことができるので、非常に便利です。

ちなみに、MacBook airの良さを他にも挙げるなら、

  • ショルダーバッグにも入るコンパクトさ、薄さ
  • 13インチでも1.3kgと軽量
  • バッテリーが長時間持つので、コードを持ち運ばなくても平気
  • SSDが標準搭載なので、起動時間が早い
  • airを使っているという高揚感がある(ミーハー限定)

といった感じです。

まあ、airの良さを活かしきれていない感はありますが、私の勉強効率にはかなり貢献してくれています。おすすめです。

iPad mini

iPad miniに関しては、mindnodeの活用とkindle書籍を読む目的で利用しています。

基本的には紙の参考書を活用して勉強するわけですが、荷物の状況によっては持ち運ぶことができません。

そのため、極力紙で購入した参考書や関連の書籍については、kindle版でも購入しておき、電車や旅行先などでも空いた時間に読むようにしています。

職業上の関係で飲み会が多い人などは、なかなかまとまった時間をとって勉強することができないと思いますので、隙間時間を最大限有効活用するためにもおすすめです。

Bose QuietComfort

Bose製のQuietComfort35は、ノイズキャンセリング機能付きのワイヤレスヘッドホンです。

電車やカフェなどの雑音が発生する場所において、隙間時間を活用して勉強するときには、必ず使用しています。

低音量で音楽をかけるだけで、外界の音はほとんどシャットアウトされますので、少しでも集中しやすい環境を作るためには最適です。また、必ずしも音楽をかける必要はないので、きになる人はノイキャン機能だけを使用すれば良いと思います。

ちなみに、ヘッドホンタイプは嫌だという方は、イヤホンタイプもあります。ただ、イヤホンタイプはワイヤレスではない点が注意です。

私はどちらも持っていて状況に応じて使い分けています。通常使用はヘッドホンタイプを利用し、真夏で耳が蒸れてしまう時期や持ち運びをコンパクトにしたいときなどは、イヤホンタイプを利用しています。

Bose製品ということで、値段は決して安くはありません。しかし、私としては「勉強の必須アイテム」と考えているので、こういった投資については惜しまずにお金を払っていった方が良いと思います。

フリクション

最後は、消せるペンのフリクションです。

問題集には、問題を解く度にマルサンカクバツの記号を書いたり、解いた日付を書いたりするので、資格試験の度に数本消費します。

ちなみに、中小企業診断士の2次試験においては、与件文にラインを引きまくるわけですが、おすすめは蛍光タイプのフリクションです。視認性が高いので、見落としが少なく、非常に重宝します。

最後に・・・

フリクションを除くと、今回紹介したアイテムは結構お金がかかります。

ただ、私も含めて、忙しいサラリーマンにとってはお金よりも効率や時間です。

少しでも勉強効率を高めたり、集中しやすい環境を作ることができるのであれば、十分に投資対効果を得ることができます。

いずれのアイテムも、購入してから何年も経過していますが、「本当に買ってよかった」と思っています。将来に何倍にもなって帰ってくる先行投資ですので、躊躇わずにお金を使っていって下さい。