中小企業診断士2次対策|合格者が解説する80分の使い方と解答の作法(事例1~3編)

中小企業診断士の2次試験は、各事例80分という時間が設定されています。

その時間内で、与件文をチェックし解答を記述していく訳ですが、本当に時間が足りません。

では、確実に60点をもぎ取るためには、どのように時間を使えば良いのでしょうか? 3度の受験を経て合格したという「2次試験ベテラン」のサイト主が、80分の時間の使い方について解説していきたいと思います。

時間の使い方のアウトライン

  • 与件文冒頭内容の確認(5分)
  • 設問内容の確認(5分)
  • 本文確認、解答根拠抽出(30分)
  • 回答記入(35分)
  • 見直し、その他修正(5分)

与件文冒頭内容の確認 (5分)

まずは与件文冒頭の1〜2段落くらいを読み、企業概要を把握します。 把握するべき内容は色々ありますが、だいたい以下の内容です。

  • 当社の業種、業界
  • 商流
  • 内部環境(強み、弱み)
  • 外部環境(機会、脅威)
  • 売上や利益規模
  • 従業員数、社員数と非正規社員数の比率
  • 社長の考え、ビジョン


この段階だけでも、相当量の情報を読み取ることができますね。

冒頭文に書かれている内容は、全ての設問の前提条件になってきます。 大事なことなので2回言いますが、冒頭文に書かれている内容は、全ての設問の前提状況になります。

例えば、「社員の幸福を、何よりも最優先してきた社風」などと記載があるのであれば、社員教育の強化・マニュアル化・標準化・権限の移譲とかが解答の方向性として見えてきそうですよね。

慣れてくると8割くらいの確率で、当初想定した通りの方向性での回答で合っています。 ですので、試験開始冒頭のこの5分間は、侮ることなく情報収集に徹して下さい(最終目標は3分!!)。

ちなみに、冒頭文のみならず与件文全体に言えることですが、「」で括られた表現、何度も出てくるフレーズ、逆接の接続詞や副詞で強調された文章、注記などは、重要であることが高いです。

これは出題者からのヒントであり、「与件文のこの部分を回答根拠にして下さい。重要ですよ、重要ですからね!」というメッセージです。見落とさないようにしましょう。

設問内容の確認(5分)

次に、設問内容の確認です。これも、非常に重要なフェイズです(全部重要ですが笑)。 また、設問文の内容自体が「与件文の一部」でもあります。

各設問を詳しく読み、何を回答すれば良いのかを明確に把握して下さい。

  • 回答するべき内容は、問題点ですか?課題ですか?改善策ですか?
  • 誰について書くべきですか?
  • A社についてですか?企業一般についてですか?
  • 前提条件はどうなっていますか?
  • 「〜を考慮して」「〜と比較して」などと書かれていませんか?
  • 求められている内容は知識系ですか?アイディアですか?

上記はほんの一例ですが、考えるべきことがたくさんありますよね。

ちなみに、知識系やSWOT系の問題であれば、既に回答可能な問題もあると思います。こういう問題については、回答するべきことを単語レベルでメモしておきましょう。

設問文の更なる攻略記事については、こちらをご覧下さい。

中小企業診断士2次試験|記述問題で論点を外さないための設問文攻略!!

本文確認、解答根拠抽出 (30分)

まず一つの重要な前提条件としては、「各設問の回答根拠は被らない」というものがあります。 例外は稀にありますが、設問1の回答に対応する与件文の根拠は、設問2の解答根拠となることはまずありません。

ですので、「この箇所は設問3の回答に使えそうだ」というように、本文を読み進めていきましょう。

ヒントとしては、設問文と同じフレーズや表現が使われている場所や、内容的に関連している箇所を与件文から探し出すのが基本です。

イメージとしては、30分間で「本文確認・回答根拠抽出」の作業を2周程度行えるペースで進めて下さい。そして、回答根拠の抽出漏れがないか、回答根拠の重複がないかを改めて確認して下さい。


そして、ここでお勧めしたいので、5色蛍光ペンの活用です。

私の場合ですと、設問1は黄色、設問2は緑、設問3は青、設問4はオレンジ、設問5はピンクという風に決めています。最初のうちは、「設問3って、何色だったっけ?」などとなるかもしれませんが、数回過去問を解いていればすぐに覚えます。

マーカー後の与件文の例

上記の写真は、実際に私がマーカーした設問文ですが、まあカラフルですね笑
視覚的にも分かりやすいので、実際に回答を記述していくという時にも、回答根拠を探す時間が省けます。シャーペンなどで線を引いただけですと、根拠を探すのに時間がかかったり、見落としが出やすくなってしまいます。

ちなみに、電車や喫茶店で、カラフルにマーカーを塗っていたり既に塗ってある問題を読んでいたりすると、隣の席の人などから驚かれたりすることもありますが、気にしないで下さい笑

回答記入(35分)

実際に回答欄を記入していきます。

トータルで600〜1000字くらいの回答ですので一見少なく感じますが、実際には時間的な余裕は全くありません。ですので、マーカーを引いた回答根拠をベースに、どんどん回答用紙を埋めていきましょう。

完成度8割くらいだったり、「こんな回答でも大丈夫かな?」と思うような内容でも、とにかく回答欄を埋めて下さい。

中小企業診断士の採点方法は公表されていませんが、おそらくは「キーワードやフレーズに対する加点方式」です。『「海外進出」というキーワードでプラス3点』というような方式であることが推測されているので、とにかく要素を詰め込みましょう。

尚、所定の字数内で解答を収めるテクニックや、プラス1つ解答要素を追加するテクニックなどについては、別記事に書いていこうと思います。

見直し、その他修正(5分)

最低でも5分間、可能であれば10分は見直しの時間を捻出しましょう。
確認するべき主な事項は、以下の通りです。

  • 誤字脱字はないか?
  • 設問で聞かれている内容に対して、しっかりと解答しているか?
  • 設問間で、解答根拠の重複はないか?
  • 各設問の回答に一貫性はあるか?

回答内容が不十分と思われる設問についてプラス1点を取りに行くことと、誤字脱字等を訂正して失点を1点防ぐことは等価値です。そして、後者の方が圧倒的に難易度が低く、時間もかかりません

ですので、どんなに時間がなくても、書いた文章の見直しは怠らないで下さい。

また、誤字脱字チェックの他の項目については、やや大掛かりな修正になることもあります。残り試験時間との兼ね合い次第ですが、貪欲にプラス1点を狙って見直しを行なって下さい。

最後に・・・

以上が、ざっくりとした80分の時間の使い方です。

上記のやり方は1例に過ぎませんが、サイト主人が3回の2次試験を通し、紆余曲折を経て築いた手法です。

特に、1回目の受験の方や独学での受験者にとっては、参考になる点もあろうかと思います。是非何度か読んで、このメソッドのエッセンスを吸収して下さいね。