中小企業診断士になるまでに、どのくらい費用がかかるのか?実際の必要金額公開!!

コンサルタントとしては、唯一の国家資格である中小企業診断士。 必要勉強時間も1500〜2000時間と言われており、準難関資格に位置付けられます。

社会的にもそれなりに名の通った資格試験であることから、「自分も受験してみたい!」と挑戦される方は相当数いらっしゃると思いますが、中小企業診断士として登録されるまでには、果たしてどれだけの費用がかかるのでしょうか?

今回は、私の体験談をもとに、実際に払った費用について解説していきたいと思います。

支払費用をお話しする前に・・・

まず私の受験情報から話しておきますと、以下の通りです。

  • 1次試験を3回、2次試験を3回受験しています。
  • 予備校等には行っておらず、市販の参考書を購入し独学受験しています。
  • 実務補習は、全て中小企業診断士協会が公式で募集しているものに参加しています。

ですので、ストレートで合格するケースや、予備校に通って受験するケースを想定されている方の参考にはなりませんので、その点はご留意下さい。

では、早速かかった費用を見ていきましょう。

1次試験でかかった費用

参考書24冊・・・44,000円
試験料3回・・・39,000円
合計額・・・・・83,000円

参考書の内訳は、テキスト8冊と問題集16冊です。

購入した参考書の一部。

1次試験は3回受験したのですが、連続して受けた訳では無かったので、同じ教科の問題集や過去問集を購入したりしています。中小企業診断士の参考書は結構高いので、1次試験用の書籍だけで既に4万円を超えています

試験費用も結構高めなので、3回も受験しているとそれだけで4万円近くになります。

2次試験(筆記)でかかった費用

参考書13冊・・・39,000円
試験料3回・・・51,600円
模試2回・・・14,000円
合計額・・・104,600円

2次試験に関しては、受験者数もめっきり少なくなる事から、参考書の価格も更にアップしています。薄い問題集などでも平気で3,000円くらいしますので、社会人とはいえ結構きついです汗

試験料についても1回当たり17,200円ですから結構高いですよね。まあ、全国に試験会場を設けたり、試験問題を作成したり、4題の記述試験の採点をしたりという事を考えると、しょうがないかという気もします。

また、2次試験に関しては、模試を計2回受験しました。受ける模擬試験によって価格も異なると思いますが、各予備校でそこまでは異ならないと思います。

2次試験(面接)でかかった費用

試験料・・・なし
模擬面接・・・3,000円
合計額・・・3,000円

面接試験は、あくまでも筆記試験の延長という位置付けなので、特に試験料等はありません。 参考書等もなく、利用するとすれば予備校で無料配布している想定問答集くらいですので、参考書代もかかりません。

模擬面接については、別に受けなくても良いと思いますが、私は面接試験前日に受けました。ただ、面接試験当日の雰囲気やイメージを掴むには絶好の機会かとは思いますので、個人的には模擬面接を受験して、気持ちを安らかに保っておいても良いと思います。

実務補習でかかった費用

受講料・・・150,000円
印刷代・・・20,000円
貸会議室代・・・6,000円
電車代・・・5,000円
合計額・・・181,000円

実務補習に関しては、5日間コース*3回分です。

まず、参加料がそもそも高額です。実際に中小企業に行って経営者に会ったり、モデレーターとなる先輩診断士に5日間見ていただくので止むを得ないところですが、それを3回こなすとなると気が遠くなります。。。

実務補習では、診断結果を100ページ程度の報告書にまとめるのですが、貸会議室を借りて集まったり、それをカラー印刷したりと、色々と出費するシーンが多いです。

またここには掲載していませんが、競合店調査などの一環として4〜5店舗程度の飲食店や居酒屋を視察したりもしていますので、実際には更に出費しています。

中小企業診断士協会がやっている公式的(?)な実務補習以外の実務補習も存在しますので、もしかしたら費用的にはそちらの方がやすいかもしれません。

忘れてはいけない、その他の費用

その他の費用としては、人によって色々とあると思います。

予備校や模擬試験会場までの交通費、ヘッドホン購入費用、座り心地の良い椅子購入費用、枕の購入費用、自習スペースのレンタル料、サプリメント代etc

結構個人差が出てくると思います。

私の場合、一番かかったのが勉強場所としてのカフェ代です。なかなか家で勉強できない私は、基本的にはカフェで勉強する訳ですが、休日なんかは4軒くらい梯子したりもします。

中小企業診断士の勉強に当たって、どれくらい通ったか正確な回数は分かりませんが、どんなに少なく見積もっても200回は行っていますので、1回500円とするとカフェだけで10万円くらい払っている計算になります。

まとめると・・・

診断士として登録されるまでに費やした費用としては、カフェ代なども考慮に入れますと、合計約40万円くらいかかっているという計算になりました。

この記事を書くに当たって、初めて費用を計算した訳ですが、凄まじい金額ですね。今更ながら驚愕しています汗

予備校に行くケースなどでは、更に費用がかかる事が想定されますが、今後、中小企業診断士の受験を検討している方は是非参考にしていただければと思います。

そして、私はこの中小企業診断士に合格してからまだ日が浅く、現時点では全く投資を回収できていませんので、頑張って回収していこうと思います。