スポンサードリンク


 

日常勉強において選択問題を解いている際、「Aかなあ?それともBかなあ?」と悩むことはよくある話ですが、たまたま正解できたところで、その正解には何の価値もありません。

今回は、選択問題に対する正しいスタンスということで、解説していきたいと思います。

 

選択問題を解く際の正しいスタンス

日頃の学習においては、完璧な知識を習得することが必要不可欠です。曖昧な記憶は、試験本番中には迷いを生み、大きなタイムロスの原因となります。

また、それが精神的にマイナスに作用し、試験本番中に頭が真っ白になってしまい、あれよあれよの間に試験が終わって不合格になってしまうというケースも、決して少なくないのです。

そして、選択問題には大抵3〜5つ程度の選択肢があり、その中から「正しい選択肢」または「誤っている選択肢」を選ぶというスタイルだと思いますが、日常学習においてはそのように問題を解いてはいけません。

つまり、「一問一答問題が3〜5つ出題されている」という認識で解く必要があるのです。これによって、「A、B、Cが正しい選択肢であることは分かる。Dについては良く分からないけど、消去法的に考えてDが答えだな」といったような曖昧な解答は、一切できなくなります。

このように、「4択問題が1問出題されている」と考えるのではなく、「一問一答問題が4問出題されている」という認識で勉強することで、自分の知識の漏れを的確にあぶり出し、効率的に合格へ近づくことができるようになるのです。

ですので、「2択に絞って、たまたま正解した問題」などに関しては、解けなかった問題として「バツ」を記載して下さい。

※復習方法については、こちらの記事を参考にして下さい。

 

試験中、複数の選択肢に迷った時の対処法

試験中に選択問題を解いていると、「2択までは絞れたけど、正しい解答が分からない」というケースに遭遇することが良くあると思いますが、こうした事態に対する正しい対処法について書いていきたいと思います。

まず、基本的な考え方ですが、「直感に従って選択肢を選び、その後はいじらない」というのが基本です。こうした問題に関しては、どんなに考えたところで、自信を持って正しい解答にたどり着くことは出来ません。「Aかなぁ?やっぱりBかなぁ?」と堂々巡りをするばかりで、時間はかかるけど正答できないというリスクが極めて高いです。

ですので、2択のどちらにしようかという状況に陥った場合、1分考えても答えが導けないようであれば、とりあえずどちらかで解答して次の問題へ移行するべきです。

また、「思い出せるかもしれない」と思えるような場合でも、ひとまず直感に従って仮の解答を記入しておき、全問題を一周してから再度考えるようにして下さい。

何れのケースにおいても、こうした問題に一生懸命取り組むことで、時間を無駄に費やしてしまうリスクが高まります。基本的には、他の問題の解答や見直しの時間に充てるようにしましょう。

 

最後に・・・

別に敢えて書くほどの内容ではありませんが、重要なことなのでやはり書いておこうと思います。つまり、「正しい選択肢を選びなさい」なのか「誤っている選択肢を選びなさい」なのかを、絶対に間違えないで欲しいということです。

焦っている時ほど、イージーミスは犯してしまうものです。私自身、それによって不合格となった経験が1度あります。実際、どんな試験であれ合格点付近に最も多くの受験者が分布している訳ですが、こうした詰まらないミスによって不合格となってしまうケースが後を絶ちません。

ですので対策として、設問を読んだ際には、「正しい」「誤っている」という箇所にマルをつけるなどして、意識的にこのイージーミスを回避して下さい。

印を付ける・アンダーラインを引くといった単純な行為によって、数点失点することを防げるわけですから、是非あなたの勉強にも取り入れて欲しいです。