日経新聞の記事を無料で読む方法があるって本当??年間5万円の節約も可能!?

社会人の必須教養として、多くのサラリーマンが購読している日本経済新聞。解約が相次ぐ新聞不況の現代において、苦しい状況に立たされてはいますが、金融業界を中心として、強い影響力を持っています。

そんな日経新聞ですが、やはりネックは価格。電子版でも月4200円、紙(全日版)だと5000円、セット版だと5900円となります。年間5〜6万円の出費はバカになりません。

しかし、日経新聞の記事に関しては、実は無料で購読する方法があったのです。今回は、それをご紹介しようと思います。

日経電子版を無料で見る方法とは・・・

その方法とは、ズバリ「日経テレコンの無料版で代用する」という方法です。

日経テレコンというのは、日本経済新聞者が提供している総合的なニュースメディアです。 日経とは言っても、提供している情報の範囲は広く、日本全国各地の新聞、雑誌(日経ビジネス、東洋経済、ダイヤモンド等)、financial times、各業界紙、諸外国の新聞、レポート、ニュースなどを幅広く取り扱っているメディアです。

本来であれば課金料金制の有料サービスなのですが、実は提供機能を限定したサービスを無料で受けることができるのです。

そして、その機能を提供しているのが、「証券会社」です。

具体的には、楽天証券、丸三証券、大和証券が日経テレコンの簡易版のサービスを無料で提供しています。 もちろん、口座の管理料や年会費等は発生しません。

ちなみにこの日経テレコン。紹介に当たっては色々と規約などがうるさいので、私が利用しているシーン等の写真は控えておきます。

ゆるすけゆるすけ

あくまでも、資産運用などのために証券会社を利用するということが前提です。日経テレコンの簡易版は副次的なサービスです。

サイト主の利用事例

楽天証券のホームページより。

ちなみに、私が特に利用しているのが、楽天証券の日経テレコンです。

楽天証券へ会員登録後、スマホアプリである「iSPEED」をダウンロードをすれば、誰でも簡単に利用することできます。まあ、そもそもとして、楽天証券をメインで利用してNISAを作ったり積立投資を行なったりしていますので、自然に楽天証券を利用するようになったという感じです。

私の場合だと、朝ベッドの中でスマホかタブレット端末を利用してチェックしたり、帰りの電車で夕刊を読んだりしています。

また、当初はペーパー版の日経新聞を取っていて、日経テレコンのサービスと併用していたのですが、最終的にはペーパー版は解約してしまいました。

証券会社版の日経テレコンの3つの難点

証券会社版の日経テレコンは無料で利用することが出来るという素晴らしいメリットがありますが、一方で難点もいくつかあります。

通読するのに時間がかかる

日経テレコンでは、紙面全体を一気にチェックするという事ができません。

ヤフーニュースなどのネットニュースのように、記事タイトルが羅列されているので、気になった記事があった時は、自分でクリックして読みに行く必要があります。

するとどうなるかと言えば、「読み終わるまでに結構時間がかかる」んですよね。

タイトルを見る→クリックする→中身をチェック→戻る→タイトルを見る→以降繰り返し となる訳ですが、新書4冊分の字数とも言われている新聞においてこれを実践すると、どんなに早く読んだとしても、紙面スタイルの1.5倍くらい時間がかかります。

見出しをチェックするだけでも、5分くらいはかかってしまいますので、時間がない朝だと結構なデメリットかもしれません。

セレンディピティが発生しづらい

セレンディピティというのは、「偶然の出会い」のことです。

紙の新聞をチェックする場合、興味の有る無しに関わらず、様々な記事や広告が目に飛び込んできます。私の場合、経済関連の記事には高い興味関心がある一方、政治記事には本当に興味がありませんが、紙面スタイルですと嫌でも写真や記事の見出しなどが目に入ってくる訳です。

これは、欲しい情報以外も目に入ってくるという点においては非効率な訳ですが、一方で自分の教養の幅を広げてくれたり、思いがけず良い情報に出会うことができたりします。

一方、日経テレコンの場合には、記事タイトルを自分でクリックしてチェックするという能動的な行動を要求されるため、セレンディピティが発生しにくく、見たいニュース記事の内容しか表示されません。

ですので、新聞を読む目的として、「教養をつける」という事も考えている方にとっては、日経テレコンを利用するのは得策ではないかもしれません。

新聞を読まなくなるリスクがある

証券会社が提供しているサービスを利用すれば、良くも悪くも、無料で記事をチェックできてしまいます。するとどうなるかと言えば、新聞を読む事をサボりがちになったり、そもそも新聞を読まなくなったりするのです。

無料であることによって、情報の価値を低く見積もってしまい、新聞を読み続けられなくなっていくのです。

一方、お金を払って日経新聞を購読しているということになれば、話は別です。「もったいない」の精神によって、強制的に新聞をチェックし続けます。お金を払うことによるコミットメントが働く訳です。

ですので、「日経新聞にお金を払っているんだぞ!だから毎日読めよ!」と、自分にプレッシャーをかけたい人は、あえてお金を払い続けるという選択の方が良いかもしれませんね。

ゆるすけゆるすけ

あくまでも、資産運用などのために証券会社を利用するということが前提です。日経テレコンの簡易版は副次的なサービスです。

まとめ

いかがでしたか。

証券会社が提供している日経テレコンの簡易版を利用する事で、無料で日経新聞記事を購読する方法をご紹介しました。

私の場合には、生活の固定費を下げて、1円でも多く自己投資や資産運用に回したいという強い思いがあったので、日経新聞を解約し、このサービスを利用するようになりました。

こうしたサービスを利用するべきかというのは、「あなたが何を重視するか」によります。

お金でしょうか?時間でしょうか?教養でしょうか?

あなたが最も優先している事項を見極た上で、活用するかどうかを判断していただければと思います。