スポンサードリンク


 

資格の話をしていると、必ず議論になる話題として、「〇〇という資格を持っていれば、独立開業できますか??」というものがあります。確かに、FP1級はそこそこ難関資格ですから、まあその質問が出てくるのも分からなくありません。

では、実際のところ、独立開業というのは現実的には可能なのでしょうか??

 

サイト主の私見

サイト主の私見ですが、FP1級の資格だけでは独立開業というのは、かなり厳しいと思います(もちろん、圧倒的な営業力があるとか、そういう方は別ですが・・・)。

まず第一の理由としては、「FP試験では専門性は身につかない」ということです。

ご存知のように、FP技能士というのは、宅建士、税理士、会計士、不動産鑑定士、証券アナリスト、社会保険労務士、司法書士、行政書士といった専門資格の対象領域を、広く浅くかじったような存在です。

FP1級レベルまで学習すれば、それぞれの領域についてそこそこ深く学ぶことはできますが、やはりそこには限界があります。FP試験は良く言えば「いいとこ取り」、悪く言えば「中途半端」な資格なのです。制度の概要こそ知っているかもしれませんが、実務レベルでどのようにするべきかということや、ある制度の細かな利用条件などについては全く分からないケースが殆どです。

ですので、FP1級程度の知識だけでは、独立系コンサルタントとして通用するレベルに至ることは非常に難しいと思います。

 

 

第二の理由としては、「FP業務は独占業務ではない」ということです。

先ほども書いたように、様々な専門資格の対象領域について広く浅く学ぶのが、FPという資格の特徴です。ですので、FP技能士は国家資格ではありますが、FP技能士にしかできない仕事というのは実は存在しません。また、FPを持っていない人物であっても、「ファイナンシャルプランナー」を名乗ることができてしまいます。

つまり極論すれば、誰でもFPとして活動することは出来てしまうのです。

 

逆に、FPが対象としてる領域というのは、独占業務を持つ専門資格の分野に踏み込んでいるケースが非常に多いです。しかし、専門資格ではないファイナンシャル・プランナーは、一般的なアドバイスや法解釈については説明することができたとしても、具体的に数字を示した提案や、個別性のある問題については助言することができないのです。

「あなたのケースですと、このようにすれば所得税を節税することができますよ。」「Aさんが亡くなった場合、合計××円の相続税が発生しますので、相続人の方はこれだけの現預金の不足が生じます」といったような、具体的に踏み込んだ解を示してあげることはできないのです。

 

独立系FPとして活躍するために、考えられる方法

では、もしファイナンシャル・プランナーとして独立するためには、どうしたら良いのでしょうか?サイト主が考えるに、以下の2つのパターンだと思います。

  1. 専門資格を有する「士業者」と業務提携を結び、適宜共同してコンサル業務を行う
  2. ダブルライセンスやトリプルライセンスを有し、「特定領域に強いコンサルタント」として活動する
  3. セミナー講師や、マネー系雑誌の寄稿を中心として活動する

 

1と2に関しては、FP技能士に加えて自ら専門資格を所有するか、他の専門資格保有者と協業するかのいずれかということですね。例えば、税理士などの資格を有していれば、相続税対策として思いついたスキームに関して、どれだけのメリットが生じるのかということを、具体的に数字を用いて示すことが出来るようになります。

これによって、全く別の会計事務所等に任せることなく、ワンストップで顧客ニーズを満たすことが可能となりますし、基礎控除が減額になるなど、相続対策ニーズが増加している現代においては、重宝される存在になると思います。

 

3に関しては、独立系FPとしては良くあるパターンなのですが、セミナー講師や雑誌の寄稿者としての地位を確立するまでが非常に大変です。

というのは、金融系のセミナー講師として勉強会などに呼ばれるためにも、「〇〇人の顧客の家計見直しを行った」「この業界で△△年のキャリアがある」といったように、まずは実績があって初めて依頼されるものだからです。雑誌に寄稿できるかどうかについても、同様です。

ですので、大手の独立系FP事務所に入所して実績を積むなどの下準備が必要だと思います。