スポンサードリンク


 

当サイトでは、基本的にノートは取らずテキストへ書き込むことを推奨している訳ですが、「どうしてもノートを取りたい」というタイプの方もいらっしゃるでしょう。

そこで今回は、効率的なノートの取り方と注意点、スタンスなどについて解説していきたいと思います。この点に注意するだけで、勉強効率は劇的に向上するはずです。

自分の言葉で書く

ノートに書くという作業は、そのまま行ってしまうと非常に「受動的な作業」です。ですので、ホワイトボードや黒板等に記載されている内容をそのまま書くのではなく、自分の言葉でノートに書くようにしましょう。

ただ目に入ってきた文字列を書き写すだけでなく、「意味を理解し端的にまとめる」という作業へとレベルアップさせることによって、非常に高度な脳を使い方を要求されるようになり、記憶への定着率も格段に上昇します。

ちなみに、例えば憲法の条文などのように、一字一句をそのまま覚えなければいけないような内容の場合には、一度頭も中で繰り返し反復し、ノートに一気に吐き出すようにしましょう。

テキストとノートを頻繁に行ったり来たりするのではなく、テキストの内容を一回で書き写すようにするのです。脳に対して負荷をかければかけるほど、それに比例して記憶への定着が高まるということを覚えておいて下さい。

 

ノートを取っている時に考えたこともメモする

そもそも「物事を思い出せない」という現象は、記憶したことが頭から消えてしまうことではなく、上手に検索できないことが原因で発生します。思い出すためのヒントを出来るだけ多く散りばめることは、「ド忘れ」を防止するためには非常に有効な手段なのです。

ですので、勉強している内容だけでなく、その時に考えていたことや印象に残ったことなども、積極的にメモするようにしましょう。一見勉強には関係がないようにも感じられますが、そうした周辺記憶すらも資格試験合格の為の近道となるのです。

 

マインドマップを書く

マインドマップの書き方については、様々なサイトや書籍で解説されているので割愛しますが、記憶としてより深く定着させるためには非常に有効なツールです。

マインドマップはその性質上、主題となるテーマを中心として、情報の重要さや抽象度の高い順にキーワードを並べることを求められます。つまり、「勉強した内容をきちんと理解していないと、マンドマップを作ることができない」のです。

前述の通り、高度な脳の使い方をすればするほど、記憶への定着も高まり想起もしやすくなりますので、かなりオススメです。

また、マインドマップを作成することによって、AとBの対立関係や並列関係を客観的に把握することができるようになるので、復習を行う際にも非常に有効です。もし、マインドマップを見ただけではそのキーワードの意味が分からないとなってしまった場合には、ノートの内容を活用しつつ復習をするようにして下さい。

 

ノート作りの注意点

ノートを取るという行為には、どうしても時間がかかってしまう為、勉強方法としては非効率になりかねません。また、綺麗なノートを取ることが目的となってしまい、結局何も頭に残っていないというケースが非常に多いのも事実です。

より効率的に資格試験に合格するためにも、「なぜノートを取っているのか」ということを常に頭の中で意識しつつ、復習のために徹底的に利用して下さい。