スポンサードリンク


 

何かの資格の勉強をする場合、朝勉強するべきか夜勉強するべきかというのは悩ましいところです。

そこで今回は、そのテーマについて私なりの意見を書いていきたいと思います。

 

朝勉強派か夜勉強派かは、個人によって異なる

まず、そもそもの前提として、個人によって朝型の方と夜型の方が存在しています。

一般的には「朝型」が推奨される傾向にありますが、「朝はどうしても低血圧で勉強どころではない」という方などは朝型勉強を実践する事は出来ないでしょう。

 

また、「夜にどんなに早く就寝しても、朝はどうしても起きることが出来ない」という人もいます。

私もどちらかと言えば、このタイプです。平日はだいたい6時間睡眠なのですが、11時に寝たから5時に起きれるかというと、必ずしもそうではないのです。目覚ましこそセットするものの、真っ暗な空を見て、「まだ寝てもオーケー」という悪魔の囁きによって、なかなか起きることが出来ず、結局いつもと変わらない時間まで寝てしまいます。

このようなケースですと、いたずらに睡眠時間が伸びるだけで、夜もあまり勉強できていないし朝も勉強出来ていないという事態が発生します。これでは、絶対的な勉強時間が取れていないですよね。

逆に、夜になると活動的になってきたり、一種のランナーズハイになって勉強が捗るような方もいます。

 

つまり、朝型か夜型か、あるいはその中間かは個人によって全く異なっているのです。

 

とはいえ、推奨したいのは朝型勉強

さて、朝型と夜型の双方が存在するので、それぞれのタイプを見極めて勉強しようという話をしましたが、それでもやはり私が推奨しているのは「朝型」の勉強です。

その理由は、朝と夜の以下のような違いよるものです。

朝・・・脳も体も疲れてない。誘惑が少ない。時間的な制約が大きい。
夜・・・仕事等で脳も体も疲れてる。誘惑が多い。時間的な制約が小さい。

朝の場合、目覚めたばかりですので当然脳も体も疲労がありません。インターネットを見たい、テレビを見たいといった誘惑も起こりにくい為、勉強を行えば捗ることは間違いありません。

また、「時間的な制約がある」ということも、勉強にとってはプラスに作用します。取り組むことができる時間が短いほど選択肢が限られているので、迷わずに効率的に作業することができるということが、様々な研究から明らかになっているのです。

 

一方で夜は、疲労によって勉強中に睡魔が襲ってきたり、何か別のことをしたくなったりと、何かと勉強を妨げる要因が多いですよね。友人からのラインなど、SNS経由でのコンタクトも夜に集中すると思います。

また、夜というのは時間的な制約が少ない(と感じやすい)です。その為、あれもこれもと手を広げて取り組んでしまったり、掃除を始めてしまい、勉強を開始したのは就寝予定時刻の直前になっていたという方も、少なくないでしょう。結局、勉強をあまりせずに寝てしまうか、睡眠時間を削って勉強をするものの、次の日には睡眠不足になっているというケースが多いです。

ですので、夜型の人で夜勉強する方が効率的だと感じるという方にとっても、朝の学習がオススメなわけです。

 

ただ、どうしても完全朝シフトが難しいという方は、30分だけ早く起床して勉強するようにして下さい。

時間的な制約のある、効率的な30分間を過ごすことができます。特に、昨日の夜に勉強した内容を復習する時間に当てることができれば、記憶への定着化が圧倒的に進みます。

効率的に資格試験に合格するためには、「いかに復習回数を減らしつつも、記憶に定着させることができるか」というのが重要なポイントです。夜型の人も、朝勉強のメリットを最大限享受できるようにしましょう。

 

夜型の人も、勉強の機嫌を定めよう

上述のように、夜型勉強の場合には「期限」というものが感じにくいので、徹夜になってしまったり、勉強以外のことに集中してしまったりするというリスクが存在します。

ですので、夜型の場合でもしっかり期限を定めるようにしましょう。

 

例えば一例として、以下のような方法があります。私の場合、家では殆ど勉強することができないタイプなので、カフェ等で勉強することが非常に多い訳ですが、夜は必ず「閉店時間のあるカフェ」に行くようにしています。

良くも悪くも、22:00とか23:00に閉店してしまう為、それがある種の締切時間になるのです。仕事から帰宅しご飯を食べ終わるのが20:30くらいなのですが、「22:00までには、ここまで終わらせよう」といったように、エンドを意識した勉強ができるようになります。

また、時間的な制約がありますし、カフェに持っていける参考書にも限りがありますので、あれこれと手を広げずに、特定の分野に特化して勉強することができます。

 

逆に、ガスト等のファミリーレストランは危険ですね笑。閉店時間が26:00に設定されていたり、あるいは24時間営業だったりするので、だらだらとドリンクバー飲むだけで、勉強はあまり進んでいないという事態が頻発します。当然、あまり遅くまで滞在すると、睡眠時間にも影響して来ますから、ファミレスは結構危険です。

 

結論は・・・

朝型の人は、引き続き朝型の勉強スタイルを貫いて下さい。時間的な制約はありつつも、脳も体もスッキリしている貴重な時間ですし、勉強を妨げる誘惑も少ないですから、有効に活用して下さい。

夜型の人は、夜型勉強スタイルを維持しつつも、30分だけ朝の勉強時間を設けて下さい。夜勉強する場合でも、しっかりと時間管理を徹底し、いつまでにどこまで勉強するということを明確にして下さい。また、時間があると錯覚し、あれこれと手を広げないように注意して下さい。