amazonの新サービス「Audible」|サービス概要と効率的な活用法レビュー!!

アマゾンでは、電子書籍として「kindle」というサービスがあることはご存知だと思いますが、「Audible」というサービスがあることは知っていましたか?

Audibleというのは、言わば「耳で聞く読書」。既に40万タイトル以上のコンテンツが存在しており、日々そのコンテンツ数は増加しています。

今回は、Audibleの使い方やサービスの概要、おすすめの使用方法などをレビューしていきたいと思います。

では、ご覧ください!!

→Amazon「Audible」の公式サイトはこちらです

Audibleの使い方

基本的には、上記の写真の通りです。

サービス登録→アプリインストール→聴きたい書籍を選んでダウンロードという3ステップです。簡単です。

あとは、音楽を聴く要領で、Audibleアプリを開き、聴きたいコンテンツを聴くだけでOKです。

Audibleにある便利な機能の一部も、紹介しておきます。

再生速度変更0.5倍〜3.5倍まで10段階の変更ができます。
目次書籍の章ごとに、音声の頭出しができます。
スリープタイマー自動で音声再生を終了する機能です。
任意の時間に設定できる他、「章の終わり」という設定も可能です。
ブックマーク「〇〇分××秒」というよに、ブックマークをつけることができます。
ブックマークにコメントを残すこともできます。

Audibleのサービス概要と料金体系

Audibleは、月額課金サービスとなっていて、月額1500円です。

毎月、「コイン」という通貨を1枚もらえて、このコインを利用することで、audibleに対応したコンテンツをダウンロードすることができます。更にコンテンツをダウンロードしたいという場合には、次の月に新たなコインがもらえるのを待つか、あるいは書籍を買うようにコンテンツを購入するかのいずれかになります。

ちなみに、ダウンロードしたコンテンツについては、サービスを解約した後でもアプリ上から聞くことができます。

ですので、類似したアマゾンのサービスに「kindle unlimited」がありますが、コンテンツを買い切るという点では大きく異なっていますね。この点は、しっかりと把握しておく必要があります。

Audibleにあるおすすめコンテンツ

ビジネス系に偏ってしまいますが、以下のようなコンテンツが既に存在しています。

  • 自分を操る超集中力 Daigo
  • 人を操る禁断の文章術 Daigo
  • 多動力 堀江 貴文
  • 道は開ける D・カーネギー
  • これからの正義の話をしよう マイケル・サンデル
  • 武器になる哲学 山口 周
  • 生き方 稲盛 和夫
  • 夜は短し歩けよ乙女 森見 登美彦
  • 火花 又吉 直樹
  • お金2.0 新しい経済のルールと生き方 佐藤 宏陽
  • 生涯投資家 村上 世彰
  • 7つの習慣 フランクリン・コヴィー・ジャパン

既に、ラインナップがすごいですね。

私の場合には、最初はDaigoさんの「自分を操る超集中力」を購入しました。今後、ビジョナリーカンパニーシリーズとか、人を動かすとか、ナポレオンヒルシリーズとかが出てくれば完璧ですね。

ちなみに、語学や洋書なんかも豊富に用意されています。ですので、隙間時間で学習したい人にもおすすめです。

Audibleのおすすめ有効活用法

イマイチ、Audibleの活用方法が分からない方も少なくないと思います。

ですので、Audibleやその他のリスニング教材を利用したことのある経験から、有効活用するためのヒントを4つ紹介させていただきます。

自己啓発系書籍を中心に聞く

私が感じる耳からの読書のメリットは、「洗脳」にあると思っています。

耳から音声が入ってくる状況というのは、

  • 自分で主体的に考えるということが制限されている
  • 外界とは完全にシャットアウトされ、強制的に音声に集中させられる

という特徴があります。

ですので、自分が身に付けたい考え方や、思考スタイルなどをシャワーのように浴び続けることで、それらを効率的に身につけることが出来るようになるという訳です。

Audibleだけでなく、書籍も購入する

耳から得た情報を頭の中で体系的に整理し、後から思い出すことは結構至難の技です。集中して聞き、「覚えよう、理解しよう」と意気込んでも、なかなか上手くはできません。

ですので、Audible版を購入する場合には、

  • 既にペーパー版を持っている本を購入する
  • Audible版購入時に、ペーパー版も同時に購入する

という方法が良いと思います。

「両方買ったら、お金がもったいない」と思う方もいると思いますが、五感を使ってインプットすることに意味があります。

音声データを聞いて、聞いたところを書籍版で読んで、また音声を聞いて・・・というように、聴覚からも視覚からも情報を入れることで、インプットの効率を高めることができるのです。

また、書籍には「自分のペースで読める」という利点があります。インプットした情報を、自分に落とし込むためにも同時購入を強くおすすめします。

ちなみに、私がDaigoさんの「自分を操る超集中力」を最初に選択したのも、彼の考え方やメソッドを完全に体得したいと思ったからに他なりません。この書籍は、ペーパー版もkindle版も持っていて素晴らしい内容であることを知っているからこそ、Audible版も購入した訳です。

音声を聞いた後に、想起する

前述の通り、音声を聞いた後に書籍版で復習したりするのがおすすめですが、それが出来ない時に代わりとなる方法のご紹介です。

それは、聴き終わった後にどんな内容であったかを思い出すことです。1分でも良いので、時間をとって思い出してみてください。

エビングハウスの忘却曲線理論的にも、1回目の復習は当日か次の日が最も効率的です。この作業をやるかやらないかで、書籍の内容のインプット度合いが大きく変わってきます。

細かいことですが、これは絶対に実践してください。

音声の再生速度を変え、効率的に聞く

既に書籍の内容を知っている場合や、1回以上Audibleを聞き終わった後などは、音声速度を上げて聞くことをおすすめします。

時間的な意味でも効率化できることはもちろんですが、倍速音声を集中して聞き理解しようとする行為は集中力を高める効果があります。速聴トレーニング的な感じですね。

私の場合には、電車でノイズキャンセリングヘッドホンをして、敢えて各駅停車に乗って席に座り、外界を完全にシャットアウトして1.5〜2.5倍で聞いています。

自己啓発と集中力アップトレーニングを一石二鳥で行える裏技なので、これはかなりおすすめです。

まとめ

以上が、Audibleの解説と有効活用法に関するレビューでした。

現在、初月無料キャンペーンも展開中です。退会に伴うペナルティや継続条件等もないので、ぜひ一度使ってみてください。

→Amazon「Audible」の公式サイトはこちらです